【長崎】レトロな純喫茶「ルパン」で過ごす朝

長崎に来たら必ず訪れてみたかった『喫茶ルパン』。路面電車「桜町電鉄」から徒歩1分の場所にあり、初めての土地でも迷うことなく到着!

“戦争を学ぶ旅”をテーマに、長崎市内を散策して思った……とにかく坂が多い!そんな「喫茶ルパン」も坂のそばにお店がありました。

オープンより早く到着したのでお店の前で待っていると、珈琲のいい香りが。看板を見るとOPENになっていたので、来店すると笑顔が素敵なマスターがお出迎え。

昭和50年(1975年)創業。店内はレトロなインテリアに包まれていて、まさに”純喫茶”。ご夫婦で切り盛りされており、観光客だけでなく地元の方達の憩いの場でもあるのだそう。

今回は、珈琲にアイスが乗った「コーヒーフロート」と「ホットサンド」を注文。すっごい美味しかった……。貸し切り状態で、贅沢な朝食を過ごすことができました。

幼い頃、よく父がモーニングを食べに喫茶店に連れていってくれたり、祖母が喫茶店を経営していたので、純喫茶の雰囲気はどこか落ち着く。

この後すぐ空港に向かうため荷物を持っていて、帰り際に「どこから来たの?」と声をかけてくれたマスター。

「蒼井優さん知ってる?昔撮影に来てくれたんだよ(雑誌の撮影で)」と、照れながら話しかけてくれて……。物腰が柔らかくて、温かい人柄に癒されました。

“またここに来たいな”と思う、お気に入りの喫茶店が増えた小さな幸せでした。

  • 喫茶店ルパン
  • 長崎県長崎市桜町1-1(路面電車「桜町電停」より徒歩1分)
  • 営業時間:10:00〜19:00
  • 定休日:日・祝